意外に工賃が安い防水工事|住宅に最適な工事法を選ぼう

男の人

理想の庭を造る

日本庭園や洋風庭園を理想どおりに仕上げるには、プロの手を借りるのが効果的な方法です。岡山には得意分野の異なる数多くの造園業者がありますが、設計方針や施工事例を確かめ、自分と相性の良い業者を選ぶことが大切です。

おすすめ関連リンク

  • 外壁塗装・屋根塗装、リフォームのオンテックス名古屋

    オンテックスの業者に関することを確かめておくことができるようになっています。気になる人は確かめてみよう。

水漏れを防ぐ色々な工法

防水

見積もりは工法を比較する

防水工事を行う時は複数の業者に見積もりを出してもらって、作業内容や費用など総合的に検討して決めます。その時に注意が必要なのは防水工事の工法です。主に4つの工法があるので、その中から適したものを選ぶ必要があります。一般的に行われている防水工事がウレタン防水という工法です。これはどこの場所でも行える工法で、特に複雑な地形で利用されます。価格も平均的で、寿命は10年から15年です。屋上の防水工事に使われるのがシート防水です。比較的コストが安く、10年から20年の寿命があります。大型ビルの屋上やマンションには改質アスファルトという工法が用いられます。最大で25年の寿命があります。その他にもFRP防水という工法があり、価格的には高めです。防水工事を行う場所によって、これらの工法から選ぶことになります。

場所によって工法を選ぶ

防水工事は水漏れがしないように加工するのですが、場所によって工法が違ってきます。ウレタン防水の場合は工場の排水などが地中に漏れないための対策として行われます。複雑な地形でも対応できるので、庭に池を作る場合などにも利用されます。また屋根にソーラーパネルを設置すると雨漏りが起こったりするので、そのような場合は屋根にシート防水を施します。最近は太陽光発電が盛んになってきたので、シートを使った防水工事が多く行われます。マンションのベランダなどに利用されるのがFRP防水です。耐久性にすぐれており、すぐに乾くので工期が短時間で済みます。そのため部屋で生活をしながら防水工事ができます。業者に見積もりを出してもらう時は、工法についての説明を受けることが大事です。

家をメンテナンスする

大切なマイホームを長持ちさせたいのであれば、定期的に屋根や外壁の塗装工事を実施して、建物内部への水分の浸透を防止する必要があります。大阪には数多くの塗装業者がいますが、どの業者も無料で見積をしてくれますので、遠慮なく自宅を見てもらうようにした方がよいです。

家を長持ちさせるために

奈良県の様に標準的な自然環境においても、家は様々な外からの刺激を受けています。外壁は、それらによって経年劣化しますので、美しさを保つためと、家を長持ちさせるために外壁塗装は欠かせません。また、将来的なメンテナンスコストを考えても、定期的な外壁塗装が必要となります。